CircleCIでCarthageを利用する

追記

2015-11-11
CircleCIのXcode7.1サポートコンテナは問題があるという事でロールバックされた。Carthageが インストールされないコンテナに戻ってしまったが、Carthage自体はHomebrewでインストールできる。以下のスクリプトを利用する事で、CircleCIでCarthageをセットアップすることができる。

#!/bin/sh

brew update

brewls=`brew ls --versions carthage`

if [ "${brewls}" = "" ]; then
    echo "Install carthage"
    brew install carthage
else
    echo "Upgrade carthage"
    brew upgrade carthage 2> /dev/null
fi

CircleCIがXcode7.1とCarthageに対応した。

そそくさとCarthageをプロジェクトに導入してCircleCIでテストしてもらおうとしたら、carthage bootstrapでNo Code Signエラーが発生。導入されているCarthageのバージョンは0.8だったので

dependencies:
  pre:
    - brew update
    - brew upgrade carthage

をcircle.ymlに加えてcarthageを0.10に変更したらCarthageでビルドできた。

しかし今度は*** WARNING: Skipping build for "iphoneos" SDK because the necessary signing identity "iPhone Developer" is not installedという警告が発生した。実機用のバイナリがビルドできてないのかも知れない。テストには不要だがiTCにアップロードする時に問題になるので、解決しないといけないかも。